ブログを作っては消すのやめろ

ゲームの記録とか、稀に読んだものとか用です。

20210515 チックタック:二人のための物語

こんにちは私です。生活習慣絶賛崩壊中です。

チックタックをやりました。

 

面白かったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

 

いやーーーーーーーーー。

これは凄いなぁ……。本当に面白かった。

 

想像してた感じのゲームと違ったので、「えっそういうタイプなの!?」ってなったけど面白かったです。

少なくとも片方が脱出ゲーとか謎解きゲーの経験が多くないと多分詰みます。

一緒にプレイしてくれた人のためにも本当は色々詳細に書きたいのですが、ネタバレになるのであまり書かない感じで……。ただ、これは本当に良い。

 

いろんなプラットフォームで出てるのでリンクとかは貼りません。ただマジで面白いのでやってみてほしい。

20210512 着信アリ

私です。画像は特にありません。0時17分に書き始めてます。

予定では今頃とっくに映画を見終わって日記もつけて優勝しているはずでした。どうしてこんなことになったのか、その全てをお話しましょう。映画より怖い話です。

 

  • 着信アリの本当の恐怖
  • 鑑賞した感想 (1)
  • 鑑賞した感想 (2) ※バレ有

 

続きを読む

20210511 ウマ娘1期(完) / ゲームやった

こんにちは私です。今日は頑張りきった感があるので画像とかは貼らないでダーっと書きます。ダートだけにね。ふふ。

会長のダジャレってゲームで会長引くしか聞く方法ないのかなぁ……。

 

ウマ娘を見た感想を書きたかったのだけど、とあるゲームをやって思ったことの方が無茶苦茶多くなってしまった。現在23時58分、時間の都合で送信。

 

  • ゲームやって無茶苦茶ぐんにょりした話
  • 日記の効果について
  • ウマ娘1期

 

続きを読む

20210510 MOOZ

f:id:iwtbrth:20210510212037j:plain

こんにちは私です。画像でナイフ持ってる方が私です。

「ちょっとした事でいいから日記をつける」というのがマジで出来なくなってきているので、意地でもやっていきたい感じです。

 

このゲームはVtuberの方が実況枠を立てていて、面白そうだと思ったので実況は見ないでやりました。知らないゲームで興味アリの配信があった場合は自分でプレイ終わってからアーカイブ見るタイプです。そのせいで見れてないアーカイブが100本以上軽くあります

 

1時間くらいで終わるとは思いますが、なんていうか、細かい作り込みが凄いなぁと思いました。「ん?」ってちょっと引っかかった場所は覚えておきましょう。よく出来てるなぁ……。

 

あらすじとしては「Z○○Mで会議飲みしてたら通話相手の男の背後にナイフを持った女が!!!」っていう話です。思ってたより面白かったです。

 

 

以下余談。

 

MOOZ:無料ゲーム配信中! [ふりーむ!]

 

続きを読む

20210420 繭、纏う (1)

f:id:iwtbrth:20210420155047j:plain

私です。レズ漫画週間です。(レズ漫画週間って何?)

やがて君になる』の作者がオススメしてたので買いました。そういえばKindleにも無数にレズ本溜まっているので読まないとな……。

 

 

『繭、纏う』とは関係ないものの百合についての話を少し。

激重感情をひたすらに描いた『クズの本懐』という作品がありまして、それ読んだ人にしか詳しく伝わらない話なんですが中盤の安楽岡花火と粟屋麦の関係は生物学的にはヘテロだけど内容的にはその辺の百合が裸足で逃げ出すくらいの激重だよなぁとか思ったりするのです。読んでる感覚としては最早百合漫画だったりするのです。

なのであまりセクシャルで「百合」とかいう括りにするのが好きではなくて、同じく「レズ」という言葉も作品に当て嵌めるべきではないのですけど、激重感情を好んで読んでいる自分を自嘲するためにそういう風に言うことがあります。私がこの単語を使った時は基本的に自嘲です。かしこ。

 

 

さて4巻までは完走してない感想ですが、

みんなほんと地獄みたいな設定作るの好きだなぁ!!!!!!!!!!!クズの本懐もそうだけどさぁ!!!!!!!!

「この制服が目当てで入学してきた子も多いとは思いますが」じゃあないんだよ小6の時点でコレを目当てにする子いる前提なのが怖いよそんなの天然の女たらしどころの騒ぎじゃないよ将来的に卒業生一人あたり何人の女を破滅させる気なんだよ。冒頭からとんでもないことぶちかますなぁ……。どういう制服なのかは君の手で確かめよう!

感情と人間関係も重いなぁ。良いなぁ。

だけど1巻ではまだ少し感情が足りない気がした。してしまった。本当は十二分に感情が満載なのに、これで満足できなくなったのはどっかの漫画のせいだ。そう、『やがて君になる』、おまえだよおまえ。自分で数多の読者の感情激重判定ラインを爆上げさせておいて作者本人は平然と他の本を摂取して絶賛するとかいう作者と作品自体がレズ漫画の登場人物みたいになってるという地獄が展開されておりますが悲しいかなここはリアルです。(感情激重判定ラインって何?)

 

話の流れ的には1巻が「地獄のセットアップ完了しました^^いつでも着火できまーす^^」みたいな感じで終わるのでこれからどう感情の山火事が発生していくのか楽しみにしています。百合を描く漫画家は性格が悪い。

 

繭、纏う 1 - Amazon (紙媒体)

20210409 ウマ娘を見た (2-3)

見ただけ。

「そういや私最近何のアニメ見たっけ?こういう時のためにこの日記があるから便利なんだよね」って思って自分で調べたらキルラキルの記録以外なくて、「あれ!!!!!!!????????私マジ!!!!!!????????この数年でキルラキルしか見てないの!!!!!!!????????(しかも半分)」って思って割と戦慄したんですけど、冷静になったら普通に見てたわ。むっちゃ見てたわ。具体的には結城友奈は勇者であるとか少女☆歌劇レヴュースタァライトとか死ぬほど涙流して見てたわ。一応ケムリクサが記録に残ってるけどアレは事実上けものフレンズ2期だからノーカン。それでもけものフレンズ1期の記録残ってないわ。ヤバいわ。

こういう日常的なことの記録が人生辛くなった時に一番大切なんですよね。なので残しておきます。

これ全部史実なんだよなぁとか思いながら見るとちょっと感慨が良い。スペちゃん日本の総大将とか異名持ってるしウマ娘の主人公的な立場だけど、皐月賞落としてるのか。でも冷静になればそりゃそうだ、化け物だから三冠は語り継がれる。たった一冠の重み。ゲームのウマ娘だと簡単に三冠取れるからその重みを忘れそうになる。

 

関係ないけど羽生九段が全てのタイトルを失冠するまでの間、二~三冠持ってるのに「羽生は衰えた」とか言われ続けてたのを思い出して笑う。将棋の世界って一生でタイトル一期保有しただけで棋士人生叶ったりみたいな魔窟なのに……。まぁ本人がレジェンド過ぎたんだろう。あるいは将棋やったことのない外野の発言か。私もほとんど外野みたいなものだけど……。

 

素人から見た時の競馬と将棋は少し似ているところがあると思う。それはつまり「バケモノの物語」。あるいは歴史。

私は専攻とかでもなんでもないけど日本史や歴史エピソードとかが凄く好きで、競馬と将棋はそれと同じ楽しみ方をされているところがあるなぁと感じる。人間という生き物は根源的に物語を好み、神話を創るように出来ているのだと思う。

20210407 シン・ナントカ

※このページは「シン・」で始まるアレの内容に関わるとてつもないネタバレを含みます。ネタバレを避けたい方は絶対に、絶対に、絶対にご覧にならないでください。

 

続きを読む